スポンサーサイト

0
    • 2011.09.19 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク
    この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
    新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

    ビブラム 5本指シューズ 宮里藍

    0
      宮里藍ちゃんが、春から使っていると話題になっている Vibram 5本指 シューズがあります。 私はあまりゴルフをみていなかったので、最近知ったのですが 5本指シューズ、すごくいいらしいですね。 そもそも、人間は靴を履くようになってから、歩き方まで変わってきてしまったそうです。 そのため、本来使われるはずの筋肉が使われなくなったり、バランスが悪くなったり 姿勢が悪くなったり。。。といった事態が起きているわけです。 宮里藍ちゃんも、このシューズを使うようになってから、快調のようですね。 まだそこまで履いている人がまわりにいないので、履いている人見かけたら ちょっと振り返ってみてしまうって人も多いかもしれないですね。 5本指ソックスも、履くのちょっと抵抗ありますけど、あれも実はすごく気持ちいいんですよね。 指の刺激にもなって、メリットたくさんです。 宮里藍ちゃんが使っているメーカーは、イタリアの「ビブラム製」 これから5本指シューズ、もっともっと浸透してきそうですね。 私もまだ、履きたいなってまではいかないんですけど、気にはなっています。 あのデザインがちょっと。。。って抵抗あります。 でも、高尾山など登るときに5本指 シューズ履いたり、ゴルフの時履いたり あとは、ウォーキングの時に履くのがおすすめですね。 値段ですが、ビブラムのもので10000円ちょっとぐらいです。 ビブラムファイブフィンガーズっていう商品名ですよ。要チェックです

      藍プロご愛用の5本指シューズ

      0
        イタリア製5本指シューズ ビブラムが話題になっている。 宮里藍が愛用しているというコメントがあったから、 「足の指先にセンサーがついているみたいに、ギュッと地面をつかむような感覚が分かるようになった」 最近、ネットで話題になり、品切れらしい。 でも、ビーチテニスでも使えるから是非ゲットしたい逸品ですよ!!! 宮里藍、大躍進の源は五本指ソックスあらず五本指シューズにあった!

        宮里藍も愛用してる5本指シューズ大人気で品薄

        0
          5本指ソックスがあるなら5本指シューズもきっとあるのだろう――などとは考えてみたこともなかったが、5本指 靴というものはたしかに実在する。そればかりか、最近トレーニングや通勤に使用する人が急増中だそうで、スポーツ用品店では品薄人気だとか。プロゴルファーの宮里藍選手も愛用しているという。素足感覚がよみがえる 「指の力を伝えることができる」「足の裏で地面を踏んでいる感覚がすごく気持ちがいい」「自然に歩けてる感じがする」などの使用者の声。 県立広島大学で調べてもらったところ、はだしの状態では指先が地面に接地するが、普通の靴をはくと指先が地面に着かない。しかし、5本指靴はより素足に近い状態になることが確認できたという。 「いまの靴は指先を使わなくても歩ける状態をつくってくれる。ビブラム 5本指は忘れてしまった指先の使い方を再学習させてくる」(同大教授) 指先を使えるようになると、体のバランス改善が望めるかもしれないらしい。実際、番組は片足立ちが不得意な男性に4日間5本指靴を履いてもらったところ、記録が伸びた。そうした効果は十分あるあるなのかもだ。

          5本指のシューズ・・・

          0
            セーフウェー・クラシック優勝、今季の宮里藍選手は「足」にこだわりを持っている。 昨オフ、ゴルフシューズを履いていて「地面からの感覚が伝わりにくい」と話した時、メンタルコーチのピア・ニールソン氏から「靴下を脱いではだしでショットしてみたら」とアドバイスされたのがきっかけになった。もちろん「はだしで打ったことなんてなかった」が、10本の指で芝をぎゅっとつかんでクラブを振り抜くと「めちゃめちゃいいショットが出たんです」と言う。さらに、山本邦子トレーナーに「はだしのほうがストレッチ効果がある」と聞き、今春には同トレーナーいち押しのイタリア製5本指シューズ ビブラムを購入した。5本指ソックスのように指を自由に動かすことができ、よりはだしに近い感覚で歩いたり走ったりすることができるすぐれもの。しっかりしたゴム底のため外で履いても足の裏を傷つけることがなく、はだしが禁じられている練習場でも使える。今では宿泊先のホテル内にあるジムだけではなく、ウオーキングやランニングの際にも愛用している。足へのこだわりはまだある。これまで海外ブランドのスニーカーでランニングをしていたが、今年からアシックス製にしただけで「筋肉痛がなくなった」と宮里自身が驚いた効果があった。いいと聞いたものを積極的に取り入れる姿勢は徹底している。より足の感覚が敏感になったのか、今や「足の指先にセンサーがついているみたいに、ギュッと地面をつかむような感覚が分かるようになった」という宮里藍選手。大柄な体格でバンバン飛ばす米ツアーメンバーに比べて飛距離は劣るが、長いクラブでもピンに絡める正確無比のショットは、ビブラム fivefingersへのこだわりから生まれているんですね。

            藍のこだわりはイタリア製5本指シューズ

            0
              今季の宮里は「足」にこだわりを持っている。昨オフ、ゴルフシューズを履いていて「地面からの感覚が伝わりにくい」と話した時、メンタルコーチのピア・ニールソン氏から「靴下を脱いではだしでショットしてみたら」とアドバイスされたのがきっかけになった。  もちろん「はだしで打ったことなんてなかった」が、10本の指で芝をぎゅっとつかんでクラブを振り抜くと「めちゃめちゃいいショットが出たんです」と言う。さらに、山本邦子トレーナーに「はだしのほうがストレッチ効果がある」と聞き、今春には同トレーナーいち押しのイタリア製5本指シューズ「ビブラム」を購入した。5本指ソックスのように指を自由に動かすことができ、よりはだしに近い感覚で歩いたり走ったりすることができるすぐれもの。しっかりしたゴム底のため外で履いても足の裏を傷つけることがなく、はだしが禁じられている練習場でも使える。今では宿泊先のホテル内にあるジムだけではなく、ウオーキングやランニングの際にも愛用しているほどだ。  足へのこだわりはまだある。これまで海外ブランドのスニーカーでランニングをしていたが、今年からアシックス製にしただけで「筋肉痛がなくなった」と宮里自身が驚いた効果があった。いいと聞いたものを積極的に取り入れる姿勢は徹底している。  より足の感覚が敏感になったのか、今や「足の指先にセンサーがついているみたいに、ギュッと地面をつかむような感覚が分かるようになった」という宮里。大柄な体格でバンバン飛ばす米ツアーメンバーに比べて飛距離は劣るが、長いクラブでもピンに絡める正確無比のショットは、こんな足へのこだわりから生まれている。

              宮里藍 5本指シューズ

              0
                5本指シューズといえば、宮里藍さんが愛用している!ということで、大人気ですよね。最近では、スポーツやアウトドアシーンだけでなく、通勤に利用する方も急増中です。 宮里藍さんのような一流のプロの方が選ばれた、ビブラム 5本指シューズは、素肌感覚がよみがえり、足の裏で地面を踏む感覚が、とても心地良いと好評です。

                ビブラム ファイブフィンガーズのレビュー

                0
                  一目見てビブラム ファイブフィンガーシリーズに惚れました。 幅の広い私の足にも合って、かつ指先を動かせる靴は他にはありません。 私の素足の長さは26cmぐらいなのですが、横幅がある分靴選びには少々厄介です。 はじめ26.7cmを履いてみたところ素足では問題ないですが、靴下を履くとピチピチになってしまいました。 なので1サイズ上の27.3を購入。 履き心地はこちらの方がぴったり、マジックっテープでとめるので、少々足の実寸より靴のほうが大きくても歩いていてぶかぶかするということはありません。

                  ビブラム ファイブフィンガーズの特徴

                  0
                    普通のスニーカーでは味わえないような歩行感覚の水陸両用Vibram 5本指 シューズ。 ミッドソール部分がないので、サンダルに近い開放的な履き心地ですが、TC1ラバーソールが足を保護し、どんな地形、地面でも抜群のグリップ力を発揮します。 特種ナイロン素材のアッパーは柔軟性に富み、ソックスの様にしっかりと足にフィットしてくれますのでヨガやピラティスなどにもお薦めです。

                    イタリア製 5本指シューズ ビブラム

                    0
                      ビブラム社は、登山家であるイタリア人、ビターレ・ブラマーニ(Vitale Bramani)によって1937年に創立。登山家である彼自身の経験から、登山における厳しい環境の中で、軽さ、耐久性、機能性、そして安全性の高いラバーソールの開発に従事してきました。現在、登山用ソール以外にも様々な分野に進出し年間3200万足が生産され、シーズンごとに開発されるデザインは50種に及び輸出先は世界120ヶ国、靴業界のトップブランドをはじめビブラムソールを求める企業は1000社を超えます。バイク用ソールも長年開発し続け、この業界でもトップブランドとしてその名を知られています。 2005年よりジャペックスはビブラム 店舗と契約しモタードソールの交換を始めましたが、今回さらにエンデューロソール、モトクロスソール、トライアルソールもそのラインアップに加わりました。

                      ビブラム社の起源

                      0
                        ビブラム通販は、登山家であるイタリア人、ヴィターレ・ブラマーニにより、1937年創立されました。 彼は、登山家である彼自身の経験から、登山における厳しい環境の中で、軽さ、耐久性、機能性、そして安全性の高いラバーソールの開発に従事しました。 1945年、K2の初登頂を成功させ、現在本社のある北イタリア、アルビッザーテに自社工場を設立、原材料の仕入れ、配合の開発、商品開発、生産、販売すべてを担います。 その経験と実績で信頼を得、世界最高峰の山に挑む、登山家たちの足元を支え続けています。

                        calendar
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        30      
                        << November 2014 >>
                        PR
                        selected entries
                        archives
                        recent comment
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM